イノベーションとはどういうことでしょうか。
How to say innovation is immutable and frozen
お問い合わせ CONTACT US
推荐产品 / Products
発売時期: 2018 - 12 - 17
水溶性大豆多糖類は大豆或いは大豆粕を原料にして、抽出と精製工程で製造できる天然的な水溶性食物繊維であります。水溶性大豆多糖類は主に酸性乳飲料、風味発酵乳に使われ、蛋白粒子を安定する同時に、粘度が低く、口当たりがさっぱりなどの機能があります。炭酸飲料、カクテル、米や麺製品、医薬品などの分野にも幅広く使用されており、市場からの注目をだんだん集めています。 水溶性大豆多糖類は大豆多糖類に略称され、大豆や大豆粕を原料にして、脱脂、抽出、純化、殺菌、乾燥などの工程で生産できて、生産工程は下記のようであります:(図1のように)図1 水溶性大豆多糖類の生産工程図 水溶性大豆多糖類はガラクトース(Gal)、アラビノース(Ara)、ガラクツロン酸(GalA)、ラムノース(Rha)、トレハロース(Fuc)、 キシロース(Xyl)とグルコース(Glc)などの分子が1,4-グリコシド結合、1,6-グリコシド結合を通して繋がっている酸性多糖類で、構造はペクチンに類似して、分子量の範囲は5000―1000000uです。
発売時期: 2018 - 12 - 14
大豆食物繊維は遺伝子組み換えではないの大豆から精製され、純化、分離、乾燥、粉砕などの生産工程で抽出される天然的な食品原料の一種であります。大豆食物繊維は人体の消化酵素に分解されない大分子糖類の総称であり、主にセルロース、ペクチン質、キシラン、セミノースなどを含んでおります。大豆食物繊維は人体に栄養物質を提供しないけど、人体の血糖レベルを安全的に調節でき、便通を促進でき、満腹感を向上して、肥満の予防、腸内有益菌の増殖を助け、人体の免疫力を向上する機能を持っております。ですから、医学界と栄養業界に「第七大栄養素」に公認されています。生産工程
発売時期: 2019 - 01 - 03
名称品種特性アプリケーション大豆食物繊維SF-F乳白色或いは浅い黄色の粉末で、食物繊維なりの味とにおいがあり、吸水性がいいお菓子の詰め物、揚げ物の衣、固体飲料、保健用品、食物繊維の食品、スパイシーグルテン等 SF-M乳白色或いは浅い黄色の粉末で、食物繊維なりの味とにおいがあり、吸水性がよく、粉末が細かく、吸水性がよく、優れる熱乳化性がある肉製品、千葉豆腐、保健用品、固体飲料など SF-D大豆なりの黄色さや臭いがなく、白い粉末で、口当たりが柔らかく、吸水性がいいヨーグルト、クォーク等の乳製品
発売時期: 2018 - 12 - 17
品種用途機能及び特性TJ-300シリーズpH3.2~4.5の乳酸菌飲料、風味発酵乳、豆乳、蛋白水など蛋白質を安定して、粘度が低くて、口当たりがさっぱりで、水の分析を防止する性能があるTJ-200シリーズ米・麺製品、例えばお寿司、うどん麺など粘着防止の性能があり、澱粉類製品の品質を改善できるTJ-100シリーズ乳化エッセンス、乳化剤、化工品など優れる乳化剤、フィルムコーティング性能があるビール、アイスクリーム優れる泡持ち性能、口当りを向上して、氷晶の形成を抑える性能がある医薬崩壊剤耐酸性が良く、溶解性がいい
発売時期: 2018 - 12 - 17
1. 水溶性大豆多糖類の品質指標理化指標項目規格色合、外観白色や黄色いっぽい、粉末状匂い、味わい匂いと味わいが正常で、変な臭いがない水分(%)≤7.0タンパク質(無水換算)(%)≤8.0灰分(無水換算)(%)≤10.0脂肪(%)≤0.5水溶性多糖類(%)≥70.0粘度(10%水溶液,20±0.5℃)/mPa•s30~100 ゲル化性(10%水溶液)煮沸後4℃まで冷却の時、ゲル化にならないpH数値(1%水溶液)5.5±1.0透明度(%)≥40ヒ素(As計)(mg/kg)≤0.5鉛(Pb計)(mg/kg)≤1.0微生物指標項目規格一般生菌数(cfu/g)≤500 大腸菌群(MPN/100g)≤30病菌(腸病菌と病原菌球菌)検出せずカビと酵母菌総数(cfu/g)≤502. 水溶性大豆多糖類の栄養成分表項目各100g栄養成分の参考数値NRV%エネルギー766kJ9%タンパク質4.1g7%脂肪0g0%炭水化物4.2g1%食物繊維78.0mg312%ナトリウム1576mg79%
発売時期: 2018 - 12 - 17
1. 高い溶解性、蛋白質への安定性能水溶性大豆多糖類は冷水・熱水に溶解し、10%濃度の水溶液に調製してもゲル化にならないです。安定剤として、低pH数値の酸性乳飲料及び発酵乳に使われると、タンパク質を安定できて、製品の安定性能を向上する性能を持っております。 2. 耐熱・耐酸・耐塩の強い安定性水溶性大豆多糖類は耐熱、耐酸、耐塩という特性があり、pH数値が2~12の範囲で安定性能に優れて、それに粘度は該pH数値の範囲で優れる可逆性があり、強酸の条件で(pH数値は2)水溶性大豆多糖類はゲル化にならなく、この特徴はペクチン、アルギン酸ナトリウムと違います。水溶性大豆多糖類の溶液(10%濃度)にNaCl、KCl、CaCl2など違う濃度の金属陽イオンを入れても、水溶性大豆多糖類の粘度はあまり変わらなく、つまり水溶性大豆多糖類は金属陽イオンと反応しないということで、ですから水溶性大豆多糖類を塩含みの製品に使われても流動学性質の変化がないということです。 3. 粘度が低く、口当たりがさっぱり他の安定剤と比べて、水溶性大豆多糖類は粘度がもっと低く、製品にさっぱりな味付けを与えます。下記の図は水溶性大豆多糖類と他のコロイド水溶液の粘度比較です。4. 豊かな食物繊維含有量水溶性大豆多糖類は70%以上の食物繊維を含め、食物繊維を補充する由来の一つです。一般の水溶性食物繊維が持っている腸管菌群の数量と種類を調節し、有害な菌群を抑えて、結腸の発癌のリスクを下げ、および排便改善などの性能を持ち合わせています。 5. 優れるコーティング性、乳化性、泡安定性可溶性大豆多糖類は優れる粘着防止性能、コーティング性能、乳化性、泡安定性などの特徴があり、お寿司、LL麺等の米飯や麺製品、魚肉団子などの調製冷凍食品、食用コーティング剤、エッセンスや香料、ソース、ビールなどの分野に幅広く使われています...
発売時期: 2018 - 12 - 17
CNSナンバー 20.044      E426性能:増粘剤、乳化剤、被膜剤、結着防止剤食品の分類ナンバー食品名称最大の使用量/(g/kg)機能  注記02.04脂肪含みのデザート10.0乳化性03.0冷凍飲品 (03.04食用アイスの以外)10.0乳化性、凍結融解の強化性能06.02.02米製品10.0澱粉の老化防止、結着防止06.03.02小麦製品10.0澱粉の老化防止06.05.02澱粉製品10.0澱粉の老化防止06.07即食米や即席麺製品10.0澱粉の老化防止、結着防止06.08冷凍米や冷凍麺製品10.0澱粉の老化防止、凍結融解の強化性能07.0ベーカリー食品 10.0澱粉の老化防止、乳化性14.0飲料類(14.01包装飲料水の以外)10.0増粘剤、蛋白質の安定性能、口当たりの向上性能固体飲料は希釈の倍数によって、使用量を増えられる01.02.02風味発酵乳6.0タンパク質の安定性能、さっぱりな口当たり性能
お問い合わせ お問い合わせ
下記のご記入いただき送信してください。
(必須の項目"*"は必ずご入力いただくようお願いいたします。)
        工場:河南省平頂山葉県新文化路産業集聚区           営業部:河南省鄭州市経三路財富広場3号楼1202室
                  電話:0371-65786355          メールアドレス:info@soyafiber.com